Movable Type4.92(ムーバブルタイプ/MT4) のアップグレード@LaCoocan(ラクーカン)

ブログ構築ソフトMovable Type(ムーバブルタイプ/MT)を今更(笑)4.92にアップグレードしました。

今までMT4.6を使っていました。
自分のブログを整理するついでにアップグレードしてみようと調べてみると、自分の環境ではMTの最新版は使えませんでした。
LaCoocan(ラクーカン)のデータベースMySQLのバージョンは 4.0.27 で、最新版のMovable Type 5(MT)はMySQL バージョン5以上対応なので使えません。

MySQL 4.027で動かせる一番新しいMT 4.92にアップグレードしました。
2011年05月24日正式リリースのセキュリティ問題修正バージョンです。

[重要] Movable Type 5.1 および、5.05、4.29 セキュリティーアップデートの提供を開始 : Movable Type News - Six Apart

アップグレードの手順は公式ページで説明されています。

◆Movable Type jp
http://www.movabletype.jp/

Movable Type>ドキュメント >Movable Type 4 ドキュメント

Movable Type 4 アップグレードガイド
http://www.movabletype.jp/documentation/upgrade/mt4.html

◇Movable Type のアップグレード手順
1. データのバックアップ
2. 新バージョンの Movable Type をサーバーにアップロード
3. 旧バージョンのアプリケーションディレクトリから、環境設定ファイル (mt-config.cgi) とプラグイン関連ファイルの引き継ぎ
4. 旧バージョンのアプリケーションディレクトリを削除
5. 新バージョンのアプケーションディレクトリにアクセス
6. アップグレードウィザード実行

手順どおりに作業して、いざ新バージョンのアプケーションディレクトリからログインしようとすると「404」ページに飛ばされました。

同じような事例がないかネットで検索したり、MTの参考書を見返しました。
数時間悩んだ後で、新規インストールの説明で「アップロードしたcgiファイルの属性を変更(パーミッションを変更)」するように書かれていて、原因がわかりました。
cgiファイルの呼出・書込・実行ができるようになっていなかったのです。

FFFTPを使って、アップロードしたディレクトリの中で、拡張子cgiのファイルのパーミッションを「755」に変更。
再度、新バージョンMTディレクトリにアクセスし、ログイン。アップグレードウィザード実行できました。
ブログのスタイル(デザイン)がおかしくなったので、再設定。

ブログ環境無事に復旧。
バックアップファイルを使わなくてすみました。

《関連記事》
ブログ構築ソフトをWordPressからMovable Typeに変更