MySQL4からMySQL5のデータ移行とMovable Type5(MT5)の導入◇LaCoocan(ラクーカン)2012年8月

ブログ作成に使っているMovable TypeのデータベースをMySQL4からMySQL5にバージョンアップしました。

2012年2月の記事で、レンタルサーバー「LaCoocan(ラクーカン)」のデータベースMySQLのバージョンは 4.0.27 で、最新版のMovable Typeが使えないと書きましたが、翌月の3月27日からデータベースMySQL5 の提供を開始したそうです。
その告知に8月になってから気がつきました。

@niftyホームページサービス
レンタルサーバー「LaCoocan(ラクーカン)」

インフォメーション | @niftyホームページサービス

新しいデータベースは「MySQL-5.5.21」。

ラクーカンではMySQL4データベースからMySQL5データベースに移行するのに、並行して14日間使用できる「並行使用期間」が設けられています。

データ移行にあたりネットでいろいろ調べましたが、作業がスムーズに行かないことが多いようです。
ラクーカンで勧めている管理ソフトの「phpMyAdmin」でデータのエクスポート/インポートをしようとしましたが、データが大きいだのいろいろエラーが出ます。
データ移行のトラブル解決の目処が立たないので断念しました。

ブログのエクスポート/インポートで記事のデータをコピーすることにしました。
MySQL4からMovable Typeのブログ記事のデータをエクスポート。
MySQL5のデータベースとMovable Type5で新しいサイトを構築。ブログごとに記事をインポートしています。

ブログ記事のインポートでは、ブログのスタイルやウィジェットを設定しなおさないといけませんが、データベースと格闘するより確実に作業が進みます。
ブログ記事の元のテキストは全部保管しているけど、ブログ記事とファイル名がそのまま移行できて助かりました。
とりあえず、更新の多いブログから設定のやり直しを進めています。
手をつけていないブログは、スタイルシートが反映していない状態で、文字やウィジェットの表示はできるけど崩れている状態。カウンタやアドセンス広告が生きているので一気に作業するまで手をつけないで置きます。



MySQL5に移行して、Movable Typeを念願のMT5にバージョンアップしました。
現在使っているのはMTOS (Movable Type Open Source) 5.14。

MTOS: Movable Type オープンソース・プロジェクト | MovableType.jp

IE9(Internet Explorer 9)でMT5の管理画面を操作していたら「カテゴリの管理」で表示が崩れてしまいました。
ちょうど同じ症例がありました。

MT5の管理ページがIEで崩れるのの直し方 : code14

IEはこれまでもいろいろトラブルがあったので、この機会にGoogle Chromeにブラウザを変更しました。Google ChromeならちゃんとMT5の管理画面が表示できます。

《関連記事》
LaCoocan(ラクーカン)で使える「WordPress」「Movable Type」のバージョン