タグ「コミック」が付けられているもの

羽海野チカさんの将棋漫画『3月のライオン』。
白泉社「ヤングアニマル」連載中。
2016年10月8日(土)23:00~、NHK総合テレビでテレビアニメ放送開始。
2017年春には実写映画公開予定。

コミックス公式サイトおよび各電子書店にて、『3月のライオン』第1巻(電子版)まるごとが2016年10月13日までの期間限定で無料で読めます。

『3月のライオン』羽海野チカ | 白泉社
コミックス公式サイト

トップページ>試し読み

大ヒットした音楽コミック『のだめカンタービレ』の作者、二ノ宮知子さんが「Kiss 2014年1月号」(2013年11月25日発売)より新作を連載開始しました。
新作のタイトルは『七つ屋 志のぶの宝石匣(ななつや しのぶのほうせいばこ)』。
質屋と宝石のお話。

雑誌の特設サイトで、第1回の前半部分を立ち読みできます。
Yahoo!ブックストアでも同じ作品を無料で配信しています。

第2回は2014年2月25日発売の「Kiss 2014年4月号」掲載予定です。
毎月連載ではないので、コミックスが出るのは相当先です。読みたい方は早めに雑誌をチェック。

Kiss|Kiss1月号特設サイト|講談社コミックプラス
新連載2作の試し読み。
「七つ屋 志のぶの宝石匣」二ノ宮知子(『のだめカンタービレ』)
「海とドリトル」磯谷友紀(『本屋の森のあかり』)

七つ屋 志のぶの宝石匣 - Yahoo!ブックストア
(無料マガジン)

コミックナタリー - 山岸凉子、原発の是非を世に問う「パエトーン」無料公開

山岸凉子さんの短編マンガ「パエトーン」が、3月25日より潮出版の公式サイトで無料公開されています(電子ブック形式)。

遠いむかし、太陽神になり代われると思いあがった若者・パエトーンをめぐる悲劇。ギリシャ神話に描かれたこの物語を現代に展開し、原子力発電の是非について世に問いかけた短編作品。
1986年に旧ソ連で起きたチェルノブイリ原子力発電所事故の発生を受け執筆され、「ASUKA(アスカ)」1988年5月号(角川書店)に掲載されました。
冒頭はギリシャ神話の話ですが、本編はチェルノブイリ原子力発電所事故や原子力発電所の現場のリポート(テレビ、書籍)を基にしたコミックエッセイです。

福島原発事故以後(3/22)の山岸先生のコメント付。
潮出版社
(公式サイト)