Jコミ(公式サイト)

「Jコミ」は日本のコミック無料配信サイト。
絶版となっているマンガを作者の許諾を得て広告付きで無料公開し、その広告料を作者に還元するサービス。
公開作品は随時追加されていく。

《著作者》
赤松健、小野弥夢、楠桂、小坂理絵、八神健、山田貴敏ほか

作品は1970年代~2000年代の商業出版された漫画。少年マンガ、少女マンガ、青年漫画、女性漫画。
意外とメジャーな連載作品あり。



漫画(まんが・マンガ・コミックス)無料立ち読み・試し読みリンク@夏貸文庫

東日本大震災の影響で発売が遅れたまたは発売できなかった少年マンガ雑誌「週刊少年サンデー」(小学館)16号、17号の漫画部分を、小学館公式サイトにて無料配信しています。

小学館コミック >WEBサンデー
(週刊少年サンデー公式サイト)


クラブサンデー
無料で読めるWEBコミックサイト(小学館公式サイト)

クラブサンデー>サンデー漫画無料配信について

「週刊少年サンデー」16号(3/16発売)、17号(3/23発売)(漫画部分のみ)
無料配信期間:2011年4月5日(火)~5月12日(木)

コミックナタリー - 山岸凉子、原発の是非を世に問う「パエトーン」無料公開

山岸凉子さんの短編マンガ「パエトーン」が、3月25日より潮出版の公式サイトで無料公開されています(電子ブック形式)。

遠いむかし、太陽神になり代われると思いあがった若者・パエトーンをめぐる悲劇。ギリシャ神話に描かれたこの物語を現代に展開し、原子力発電の是非について世に問いかけた短編作品。
1986年に旧ソ連で起きたチェルノブイリ原子力発電所事故の発生を受け執筆され、「ASUKA(アスカ)」1988年5月号(角川書店)に掲載されました。
冒頭はギリシャ神話の話ですが、本編はチェルノブイリ原子力発電所事故や原子力発電所の現場のリポート(テレビ、書籍)を基にしたコミックエッセイです。

福島原発事故以後(3/22)の山岸先生のコメント付。
潮出版社
(公式サイト)

コミックナタリー - 「みかん・絵日記」安孫子三和が震災体験マンガを寄稿

「みかん・絵日記」(白泉社「ララ」掲載)で知られる安孫子三和さんが、東日本大震災の体験談を描いたショートコミックエッセイ(4ページ)を描かれました。

東北地方太平洋沖地震発生から1週間後。
宮城県の内陸部在住のため津波の直接的な被害は受けなかったが、大きな揺れにより散乱した室内の様子や、ライフラインが止まってしまった中で家族や親戚と協力して生活を立て直す状況をにわたり克明に執筆。

4月2日に発売された女性マンガ雑誌「Silky Special (シルキー・スペシャル)5月号」(白泉社)に掲載。
白泉社の公式サイトにてWEBマンガとしても公開されている(トップページからリンク)。

白泉社オンライン
(白泉社公式サイト)

▼震災体験特別寄稿/安孫子三和

▼白泉社寄稿作家陣から被災地の皆様へ
(漫画家さんからのイラストメッセージ)

講談社は東日本大震災(2011年3月11日)の前後に発売された週刊・月2回刊行のマンガ誌6誌9冊を、2011年4月1日から30日までの予定でネット上で無料公開しています。
震災によって雑誌の配達が遅れたり、届けられない事情に配慮した異例の措置です。
他の雑誌を含めた定期刊行誌のバックナンバーを直接注文するための電話窓口も設けています。
詳細は「講談社コミックプラス」にて。

講談社コミックプラス
〔特設サイト〕定期刊行雑誌のバックナンバー対応とWEB無料公開について/講談社コミックプラス

■無料公開対象誌
「ヤングマガジン」15号(3月14日発売)16号(3月19日発売)
「週刊少年マガジン」16号(3月16日発売)17号(3月23日発売)
「週刊モーニング」15号(3月10日発売)16号(3月17日発売)
「イブニング」8号(3月22日発売)
「Kiss」6号(3月10日発売)
「BE・LOVE」7号(3月15日発売)

(マンガ部分のみの公開/閲覧ソフト(無料)のインストールが必要)

3月14日に発売された「週刊少年ジャンプ15号」(集英社)の漫画部分を、Yahoo!JAPAN内特設サイトにて無料配信しています。

《公開期間》
2011年3月23日から4月27日

集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト shonenjump.com

週刊少年ジャンプ 特別無料配信について- Yahoo! JAPAN

これは東日本大震災の影響を配慮した緊急措置。
週刊少年ジャンプの配送が地震の被災地を中心に大幅に遅れる、あるいは未だに配送できていないという状況を受けて、一人でも多くの読者に届けるために「Yahoo!コミック」のサービスを利用して期間限定で無料公開します。

配信はマンガ部分のみ。閲覧には専用のビューアアプリのインストールが必要。アプリのダウンロードは無料。ウインドウズ対応。
《動作環境》OS:Windws XP SP3/Vista SP2/7

3月28日(月)発売予定の週刊少年ジャンプ第17号は、4月4日(月)に発売を延期。
以降は、毎週月曜日発売予定です。

2011年3月の東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)の被災者に向けて、集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイトにて「鳥山明先生から被災者のみなさまへメッセージ」が発表されました。

集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト shonenjump.com

鳥山先生の代表作「DRAGON BALL」の孫悟空と「Dr.スランプ」のアラレちゃんの描き下ろしイラストと手書きメッセージ。
このイラストを使ったパソコン用壁紙をジャンプ公式サイトで配信中。

さらに、このイラストを使った公式動画を動画共有サイト「YouTube」にアップロードしました。ジャンプ公式サイトからリンクしています。
この動画の再生で得られる広告収益は、すべて東日本大震災の被災地に寄付されます。

YouTube - 届け! みんなの元気玉~悟空とアラレの応援メッセージ
shueishamaster

■作品名/作者名
『夕凪の街 桜の国』(ゆうなぎのまち さくらのくに)
こうの史代(こうの・ふみよ)



■掲載雑誌

▽第1話「夕凪の街」
双葉社『WEEKLY漫画アクション』2003年9月30日号掲載

▽第2話「桜の国(一)」
双葉社『漫画アクション』2004年8月6日号掲載

▽第3話「桜の国(二)」
単行本描き下ろし

双葉社(ふたばしゃ)

双葉社『漫画アクション』(B5サイズ)
(隔週刊青年マンガ誌/毎月第1第3火曜日発売)

■作品名/作者名
『タイガーマスク』
原作:梶原一騎(かじわら・いっき)
作画:辻なおき(つじ・なおき)



■掲載雑誌

講談社の少年マンガ雑誌に1968年から1971年にかけて連載
『ぼくら』(1968年1月号から1969年10月号)
『週刊ぼくらマガジン』(1970年1号から1971年23号)
『週刊少年マガジン』(1971年26号から同年53号まで)

連載後期の1969年10月2日から1971年9月30日までテレビアニメを放映。

講談社コミックプラス

講談社コミックプラス>週刊少年マガジン

モーニング・ツー無料公開

講談社の青年漫画雑誌「モーニング・ツー」の先月号が公式サイトで1ヶ月間無料公開中。
2010年6月21日に配信終了した《モーニング・ツー1年間Web無料公開》の後の企画「復活嘆願署名プロジェクト」が目標の1万人に到達し、《モーニング・ツー雑誌まるごとWeb無料公開》が復活配信。9月22日から37号、10月22日から38号、11月22日から39号で今回が4回目。
プラグイン「T-Time Crochet」をインストールして、雑誌一冊丸ごとウェブで閲覧できます。

《モーニング・ツー40号Web無料公開》
【配信期間】
2010年12月21日(火)~2011年1月21日(金)