タグ「男子本」が付けられているもの

『日本男子フィギュアスケートFanBook CuttingEdge2014』
(カッティングエッジ2014)
出版社: スキージャーナル(SJセレクトムック No. 19 SJ sports)
分類:雑誌(ムック、ガイドブック)不定期刊行
サイズ:A4サイズムック: 132ページ 、オールカラー
発売日: 2014年2月5日
価格:1,890円(税込)
表紙写真:高橋大輔/裏表紙写真:羽生結弦

年2回刊行のフィギュアスケート男子本「カッティングエッジ」。

メインは日本男子トップ12選手の独自インタビュー記事。取材はほぼシーズン開始前で、文章をまとめたのは全日本選手権後。一般のテレビや新聞では聞かないような話も出てくるので読んでいて面白い。写真もたくさんあって見ていて楽しい。ライターは青嶋ひろのさん。

『フィギュアスケートDays Plus 男子シングル読本〈2013 Winter〉』(デイズプラス)
出版社: ダイエックス出版(DAI-X出版)
分類:フィギュアスケート情報雑誌(ムック、ガイドブック)
サイズ: A4判雑誌・96Pオールカラー/カバーつき
発売日: 2013年12月11日
定価:1,890 円(本体価格+税)
商品の寸法: 29.6 x 20.8 x 1 cm
表紙:高橋大輔、羽生結弦、小塚崇彦、織田信成、町田樹、無良崇人

雑誌「フィギュアスケートDays(デイズ)」の別冊。
フィギュアスケート男子シングル選手の特集ガイドブック。
たくさんの写真と独自インタビューで読み応えがある。
ライター:長谷川仁美、鈴木ふさ子、黒尾順子、Chikatsu Kato

『日本男子フィギュアスケートFanBook CuttingEdge2013+Plus 』
(カッティングエッジ2013プラス)
出版社: スキージャーナル(SJセレクトムック No. 15 SJ sports)
分類:雑誌(ムック、ガイドブック)不定期刊行
サイズ:A4サイズムック: 112ページ 、オールカラー
発売日: 2013年8月28日(水)
価格:1,890円(税込)
表紙写真:羽生結弦/裏表紙写真:高橋大輔

『フィギュアスケートDays Plus 男子シングル読本〈2013 Spring〉』
出版社: ダイエックス出版
分類:雑誌(ムック、ガイドブック)
サイズ: A4判雑誌・96Pオールカラー/カバーつき
発売日: 2013年3月10日
定価:1,890 円(本体価格+税)
商品の寸法: 29.6 x 20.8 x 1 cm
表紙:高橋大輔、羽生結弦、無良崇人
裏表紙:パトリック・チャン、フローラン・アモディオ、ミハル・ブレジナ、ハビエル・フェルナンデス

『日本男子フィギュアスケートFanbook CuttingEdge 2013』
(カッティングエッジ2013)
出版社: スキージャーナル(SJセレクトムック No. 13 SJ sports)
分類:雑誌(ムック、ガイドブック)不定期刊行
サイズ:A4サイズムック: 112ページ 、オールカラー
発売日: 2012年12月19日(水)
価格:1,890円(税込)
表紙写真:高橋大輔、羽生結弦/裏表紙写真:小塚崇彦


日本男子選手中心のフィギュアスケート情報雑誌。近年は年2回ぐらい刊行。
ソチオリンピックを来シーズンに控え、代表争いが熾烈さを増す日本男子。
2012-2013シーズンに臨む日本男子11選手の独占ロングインタビュー、今シーズンのプログラム解説、コーチからのメッセージなどを収録。

カッティングエッジは独自インタビューやアンケート、解説者やコーチや女子選手のコメントなど面白い記事が多くて読み応えがある。
選手から選手への「リレー・クエスチョン」、「10年後の自分とフィギュアスケート」を予想する質問コーナーで意外な回答があって興味深い。
立ち読みページで寄せ書き色紙の経緯を読むだけでも、日本男子選手(+女子選手)の仲良さが伝わってくる。
(企画・ライター:青嶋ひろの)

『フィギュアスケート日本男子 Fan Book Cutting Edge 2012 +Plus』
(カッティングエッジ・プラス2012)
出版社: スキージャーナル
分類:雑誌(ムック、ガイドブック)不定期刊行
サイズ:A4サイズムック: 112ページ 、オールカラー
発売日: 2012年7月27日(金)
価格:1,890円(税込)
表紙写真:高橋大輔、羽生結弦/裏表紙写真:小塚崇彦

日本男子選手中心のフィギュアスケート情報雑誌。近年は年2回ぐらい刊行。
2011/2012シーズンのフィギュアスケート男子シングルを振り返るメモリアルブック。
全日本選手権、四大陸選手権、世界選手権、国別対抗戦などの模様とともに、世界で戦う日本男子選手達の勇姿を、独占インタビュー、対談、コラムなど様々な角度から紹介する。
カッティングエッジは独自インタビューやアンケート、解説者やコーチや女子選手のコメントなど面白い記事が多くて読み応えがある。
(企画・ライター:青嶋ひろの)

スキージャーナルのフィギュアスケート日本男子本・2011/2012シーズン。

誌名:『フィギュアスケート日本男子 Fan Book Cutting Edge 2012』(カッティングエッジ2012)
出版社:スキージャーナル(SJセレクトムック)
分類:雑誌(不定期刊行ムック)
サイズ:A4(大型雑誌)112ページ
発売日:2011年12月16日
定価:1,890円(税込)
表紙写真:高橋大輔・小塚崇彦

誌名:『フィギュアスケート日本男子 Fan Book Cutting Edge 2011 Plus』(カッティングエッジ・プラス)
出版社:スキージャーナル(SJセレクトムック No. 99 )
分類:雑誌(不定期刊行)
サイズ:A4変型並製(大型雑誌)112ページ
発売日:2011年7月19日
商品の寸法: 29.4 x 20.8 x 1 cm
表紙写真:高橋大輔・小塚崇彦

毎年冬に刊行される『フィギュアスケート日本男子 Fan Book Cutting Edge(カッティングエッジ)』〈スキージャーナル社〉。今年は夏シーズンにも刊行されました。
タイトルは『フィギュアスケート日本男子 Fan Book Cutting Edge 2011 Plus(カッティングエッジ2011プラス)』。
5月ごろには『Cutting Edge Summer』が6月に刊行されると言っていましたが、予想通り遅れて7月に刊行されました。タイトルも変更。