タグ「クラシック音楽」が付けられているもの

「序奏とロンド・カプリチオーソ (Introduction and Rondo Capriccioso)」。
カミーユ・サン=サーンス(Camille Saint-Sans)作曲のクラシック曲。ヴァイオリンと管弦楽のための協奏的作品。
フィギュアスケートの小塚崇彦選手の2012/2013シーズンのFS(フリー)使用曲。
振付はマリナ・ズエワさん。
2013-2014シーズンも同じ曲を使います。

フレンズオンアイス2013のフォトログに掲載されたショーのプログラムに、ロンド・カプリチオーソの演奏者として「New York Philarmonic orchestra」の記載がありました。

ニューヨーク・フィルハーモニック・オーケストラ演奏のロンド・カプリチオーソを調べると、このCDらしいです。
ヴァイオリニストのItzhak Perlman(イツァーク・パールマン)との共演。

「Itzhak Perlman with Zubin Mehta & the New York Philharmonic」
オーケストラ: New York Philharmonic Orchestra
指揮: Zubin Mehta
ヴァイオリン:Itzhak Perlman
作曲: Camille Saint-Sans, Ernest Chausson, Maurice Ravel, Pablo Sarasate
CD (1987/11/30)
ディスク枚数: 1
フォーマット: CD, Import(輸入盤)
レーベル: Deutsche Grammophon
収録時間: 56 分(9曲)

フィギュアスケートの羽生結弦選手の2011/2012シーズンのSP(ショートプログラム)使用曲。
Etude in D Sharp Minor Patetico
(エチュード・イン・ディー・シャープ・マイナー・パテーティコ)
(練習曲第12番 嬰ニ短調「悲愴」)
作曲:アレクサンドル・スクリャービン(Alexander Skriabin)
編曲:トルガ・カシフ
演奏:マキシム(ピアノ)/ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団

マキシムのセカンドアルバム「ヴァリエーションズ」に収録。

「ホワイト・レジェンド」。
ヴァイオリニストの川井郁子さんの編曲・演奏による和風アレンジの「白鳥の湖」。
原曲はロシアのピョートル・チャイコフスキー作曲によるバレエ音楽『白鳥の湖』。

フィギュアスケートの羽生結弦選手の2010/2011シーズンのSP(ショートプログラム)使用曲。
2011/2012シーズンはEX(エキシビション)に使用。
振付は阿部奈々美コーチ。

フィギュアスケートの鈴木明子選手の2011/2012シーズンのSP(ショートプログラム)使用曲。
「ハンガリアン・ラプソディ(ハンガリー狂詩曲)」
原曲はフランツ・リスト作曲。
エドウィン・マートン編曲。
(Hungarian Rhapsody by Franz Liszt arranged by Edvin Marton)
振付はアンジェリカ・クリロワさん。

フィギュアスケートの浅田真央選手の2011/2012シーズンのEX(エキシビション)使用曲「Jupiter(ジュピター)」。
イギリスの少年合唱団(ボーイズソプラノグループ)「Libera(リベラ)」の歌。
原題は「I vow to thee my country」。
日本盤アルバムで「誓い~ジュピター~/I vow to thee my country」という日本語タイトルがつけられています。
振付はローリー・ニコルさん。

フィギュアスケートの小塚崇彦選手が2010/2011シーズンのFS(フリー)「Piano Concerto No. 1 by Franz Liszt (リスト:ピアノ協奏曲第1番)」に使用した音源。
振付はマリーナ・ズエワさん。

『リスト:ピアノ協奏曲第1番・第2番』リヒテル(ピアノ)・ロンドン交響楽団・コンドラシン(指揮)1961/07/19-23ロンドン録音〈PHILIPS〉
(Liszt;Piano Concertos)

「リスト リヒテル 小塚」で検索すると、プログラムに使っている音源のパートを詳しく解説しているブログがあります。
ピアノ協奏曲第1番の1楽章、2楽章、4楽章 と、スローパートに第2番の一部が使われています。

フィギュアスケートの高橋大輔選手、2010/2011年のFS(フリースケーティング)プログラム「Invierno Porteno by Astor Piazzolla /ブエノスアイレスの冬:アストル・ピアソラ」の音源です。

イギリスのタンゴ・アンサンブル「Tango Siempre(タンゴ・シエンプレ)」のアルバム『Nocturno(ノクトゥルノ)』。

5曲目「Invierno Porteno(ブエノスアイレスの冬)」と、部分的に6曲目「Primavera Portena(ブエノスアイレスの春)」が使われています。
作曲者はアストル・ピアソラ。アルゼンチンタンゴの名曲です。