タグ「フィギュアスケート」が付けられているもの

作曲家・久石譲さんのピアノ曲「VIEW OF SILENCE」「Asian Dream Song」。
フィギュアスケートの羽生結弦選手の2016/2017シーズンのFS(フリースケーティング)使用曲。
プログラムとしてのタイトルは「Hope & Legacy(ホープ・アンド・レガシー)」。
振付はシェイ=リーン・ボーンさん。

『フィギュアスケート・ミュージック2015-2016』
2015年12月23日(水)発売
CDアルバム(オムニバス)
ディスク枚数: 1
レーベル: キングレコード
収録時間: 74 分(16曲)
メーカー品番: KICS-3340
JANコード:4988003481742
演奏: 松尾泰伸, 相知明日香ほか
作曲: 松尾泰伸, 相知明日香, ジョン・ウィリアムズ, ショパンほか
解説:長谷川仁美
価格: 1,944円(税込)

毎年恒例、2015-2016シーズンでフィギュアスケートの選手がプログラムで使用する楽曲を集めたオムニバスアルバム。

クラシック、映画音楽、ジャズ、ラテン楽曲...とジャンル豊かな選曲に加え、
今季の話題楽曲である『天と地のレクイエム』(羽生結弦EX)、使用選手のために書き下ろされた楽曲『A Destiny.』(ハン・ヤンEX)を収録! 
※この2曲は実際のプログラムに使われた演奏者の音源を収録。他の曲は実際の使用曲と異なる音源を収録しています。

映画オリジナル・サウンドトラック『陰陽師』『陰陽師Ⅱ』。
フィギュアスケートの羽生結弦選手の2015/2016シーズンのFS(フリースケーティング)使用曲。
プログラムとしてのタイトルは「SEIMEI(セイメイ)」。
振付はシェイ=リーン・ボーンさん。

フィギュアNHK杯2015で史上初のフリー200点超えを出したプログラムです。


「ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー」。
作曲はナイジェル・ヘス、バイオリン演奏はジョシュア・ベル。
映画『ラヴェンダーの咲く庭で』のサントラ。
フィギュアスケートの町田樹選手の2014/2015シーズンのSP(ショートプログラム)使用曲。
振付はフィリップ・ミルズさん。

同じ曲を浅田真央選手が2007-2008シーズンのショートプログラムに使用。
振付はタチアナ・タラソワさん。

フラメンコギター曲「Respeto y orgullo (Farruca) / レスペート・イ・オルグージョ ~誇りと敬意~(ファルーカ)」。
作曲・演奏は沖仁さん。
フィギュアスケートの小塚崇彦選手の2014/2015シーズンのEX(エキシビション)使用曲。
振付は宮本賢二さん。

アルゼンチンタンゴ「A Evaristo Carriego(エバリスト・カリエーゴに捧ぐ)」。
作曲はエドゥアルド・ロビーラ(Eduardo Rovira)。
演奏はファビオ・ハーゲル&タンゴ・デル・スール(Fabio Hager y Tango del Sur)。
フィギュアスケートの小塚崇彦選手の2014/2015シーズンのSP(ショートプログラム)使用曲。
振付は宮本賢二さん。

アンドレア・ボチェッリ(Andrea Bocelli)のイタリア語ヴォーカル曲「これからも僕はいるよ(Io Ci Saro/イオ・チ・サロ)」。ピアノはラン・ラン(Lang Lang)。
フィギュアスケートの小塚崇彦選手の2014/2015シーズンのFS(フリースケーティング)使用曲。
振付はローリー・ニコルさん。

シャンソンの名曲「愛の讃歌」。
フィギュアスケートの鈴木明子選手の2013/2014シーズンのSP(ショートプログラム)使用曲。
2014ソチオリンピック使用曲。
振付はマッシモ・スカリさん。



「愛の讃歌」、原題は「Hymne a l'amour」。
フランスのシャンソン歌手、エディット・ピアフ(Edith Piaf)の代表曲。
作詞:エディット・ピアフ、作曲:マルグリット・モノー。

鈴木選手のプログラムに使われたのは、平沼有梨さんのオリジナルアレンジ・キーボード演奏、古澤巌さんのヴァイオリン演奏によるオリジナルバージョン。
楽曲制作のいきさつは、平沼さんによるコンピレーションアルバム「PRISM」の特集ページに掲載されています。

デイヴ・ブルーベック(Dave Brubeck)のジャズナンバー「アンスクエア・ダンス(Unsquare Dance)」。
フィギュアスケートの小塚崇彦選手の2013/2014シーズンのSP(ショートプログラム)使用曲。
振付はシェイ=リーン・ボーンさん。

プログラムの冒頭は別のピアノ曲で、4回転ジャンプを跳んだ後から「アンスクエア・ダンス」が始まります。

フレデリック・ショパン作曲のピアノ曲「夜想曲(ノクターン)第2番」。
フィギュアスケートの浅田真央選手の2006/2007シーズンおよび2013/2014シーズンのSP(ショートプログラム)使用曲。
2014ソチオリンピック使用曲。
振付はローリー・ニコルさん。

リー・ホルドリッジ(Lee Holdridge)作曲のアメリカテレビドラマ版「エデンの東(East of Eden)」サウンドトラック。
フィギュアスケートの町田樹選手の2013/2014シーズンのSP(ショートプログラム)使用曲。
2014ソチオリンピック使用曲。
振付はフィリップ・ミルズさん。

ゲイリー・ムーア(Gary Moore)演奏のギター曲「パリの散歩道(Parisienne Walkways)」。
フィギュアスケートの羽生結弦選手の2012/2013および2013/2014シーズンのSP(ショートプログラム)使用曲。
2014ソチオリンピック使用曲。
振付はジェフリー・バトルさん。

will.i.am(ウィル・アイ・アム)の「Bang Bang(バン・バン)」。男性ボーカルのヒップホップ風味ジャズナンバー。
フィギュアスケートの小塚崇彦選手の2013/2014シーズンのEX(エキシビション)プログラム曲。
小道具は帽子(ハット)。プログラムでは曲の冒頭に効果音を加えてある。
振付は佐藤有香さん。

「Bang Bang(バン・バン)」は2013年の映画「華麗なるギャッツビー(The Great Gatsby)」の挿入歌。(バズ・ラーマン監督、レオナルド・ディカプリオ主演)
「華麗なるギャッツビー」はF・スコット・フィッツジェラルドの小説『グレート・ギャツビー』(1925年発表)を原作とし、1974年にも映画化されている(主演:ロバート・レッドフォード)。
1920年代アメリカの大金持ちの恋愛物語。

ウィル・アイ・アム(will.i.am、1975年生まれ)は、アフリカ系アメリカ人のミュージシャン。ヒップホップグループ、ブラック・アイド・ピーズ(The Black Eyed Peas)の中心メンバー。
ウィル・アイ・アムとジャスティン・ビーバーのコラボ曲「#thatPOWER(ザッツパワー)」はシブタニ兄妹が作ったザ・アイス2013のメンバー総出演のビデオに使われている曲。

現代日本人による室内楽曲「ヴァイオリンのためのソナチネ」。
広島出身の作曲家・佐村河内守(さむらごうち・まもる)さんの作品。
演奏は大谷康子さん(ヴァイオリン)と藤井一興さん(ピアノ)。
フィギュアスケートの高橋大輔選手の2013/2014シーズンのSP(ショートプログラム)使用曲。
振付は宮本賢二さん。

「序奏とロンド・カプリチオーソ (Introduction and Rondo Capriccioso)」。
カミーユ・サン=サーンス(Camille Saint-Sans)作曲のクラシック曲。ヴァイオリンと管弦楽のための協奏的作品。
フィギュアスケートの小塚崇彦選手の2012/2013シーズンのFS(フリー)使用曲。
振付はマリナ・ズエワさん。
2013-2014シーズンも同じ曲を使います。

フレンズオンアイス2013のフォトログに掲載されたショーのプログラムに、ロンド・カプリチオーソの演奏者として「New York Philarmonic orchestra」の記載がありました。

ニューヨーク・フィルハーモニック・オーケストラ演奏のロンド・カプリチオーソを調べると、このCDらしいです。
ヴァイオリニストのItzhak Perlman(イツァーク・パールマン)との共演。

「Itzhak Perlman with Zubin Mehta & the New York Philharmonic」
オーケストラ: New York Philharmonic Orchestra
指揮: Zubin Mehta
ヴァイオリン:Itzhak Perlman
作曲: Camille Saint-Sans, Ernest Chausson, Maurice Ravel, Pablo Sarasate
CD (1987/11/30)
ディスク枚数: 1
フォーマット: CD, Import(輸入盤)
レーベル: Deutsche Grammophon
収録時間: 56 分(9曲)

アウル・シティー (Owl City) の「シューティング・スター(Shooting Star)」。
「2012NHK杯フィギュアスケート国際競技大会(グランプリシリーズ日本大会/2012年11月23日~25日)」のテーマ曲。テレビ放送のオープニング、エンディングなどに使用されました。

「アウル・シティー (Owl City) 」とは、アメリカの男性ミュージシャン、アダム・ヤングによるソロプロジェクトの名称。
「シューティング・スター(Shooting Star)」は2012年5月発売のシングル曲。
3rdアルバム「The Midsummer Station(ザ・ミッドサマー・ステーション)」(2012年8月発売)収録。

シンガーソングライター指田郁弥(さしだ・ふみや)さんの「花になれ」。
フィギュアスケート男子シングルの羽生結弦選手が2012NHK杯フィギュアスケート国際競技大会のエキシビションで滑ったプログラムに使われた男性ボーカル曲(J-POP)。
NHK-BSプレミアムのBS時代劇 「陽だまりの樹」 主題歌。

もとはアイスショー「ファンタジーオンアイス2012 in 福井」(2012年9月1日・2日)でゲストアーティストの指田さんと羽生選手がコラボしたプログラム、だそうです。
振付は宮本賢二さん。

Flo Rida(フロー・ライダー)のヒップホップナンバー「Club Can't Handle Me (feat. David Guetta)」。
アイスショー「THE ICE 2012(ザ・アイス)」の男子8人の群舞(男性グループナンバー)に使われた曲。
(男子群舞メンバー:小塚崇彦/羽生結弦/無良崇人/ハビエル・フェルナンデス/ジェレミー・アボット/マーヴィン・トラン/チャーリー・ホワイト/アレックス・シブタニ)
振付はジェフリー・バトルさん。