タグ「ヴァイオリン」が付けられているもの

現代日本人による室内楽曲「ヴァイオリンのためのソナチネ」。
広島出身の作曲家・佐村河内守(さむらごうち・まもる)さんの作品。
演奏は大谷康子さん(ヴァイオリン)と藤井一興さん(ピアノ)。
フィギュアスケートの高橋大輔選手の2013/2014シーズンのSP(ショートプログラム)使用曲。
振付は宮本賢二さん。

「序奏とロンド・カプリチオーソ (Introduction and Rondo Capriccioso)」。
カミーユ・サン=サーンス(Camille Saint-Sans)作曲のクラシック曲。ヴァイオリンと管弦楽のための協奏的作品。
フィギュアスケートの小塚崇彦選手の2012/2013シーズンのFS(フリー)使用曲。
振付はマリナ・ズエワさん。
2013-2014シーズンも同じ曲を使います。

フレンズオンアイス2013のフォトログに掲載されたショーのプログラムに、ロンド・カプリチオーソの演奏者として「New York Philarmonic orchestra」の記載がありました。

ニューヨーク・フィルハーモニック・オーケストラ演奏のロンド・カプリチオーソを調べると、このCDらしいです。
ヴァイオリニストのItzhak Perlman(イツァーク・パールマン)との共演。

「Itzhak Perlman with Zubin Mehta & the New York Philharmonic」
オーケストラ: New York Philharmonic Orchestra
指揮: Zubin Mehta
ヴァイオリン:Itzhak Perlman
作曲: Camille Saint-Sans, Ernest Chausson, Maurice Ravel, Pablo Sarasate
CD (1987/11/30)
ディスク枚数: 1
フォーマット: CD, Import(輸入盤)
レーベル: Deutsche Grammophon
収録時間: 56 分(9曲)

ヴァネッサ・メイ演奏のヴァイオリン協奏曲「誰も寝てはならぬ」(歌劇「トゥーランドット」のヴァイオリン・ファンタジーより)。
荒川静香さんが2006年2月のトリノオリンピック(イタリア)のフィギュアスケート女子シングルで金メダルを獲得した時のFS使用曲。優雅に背中を反らせるレイバック・イナバウアーの演技とともに多くの人に印象付けた曲。
2003-2004シーズンに使用し、2004年の世界選手権で日本人3人目の金メダリストになった時と同じプログラム。
振付はニコライ・モロゾフ氏。

「ホワイト・レジェンド」。
ヴァイオリニストの川井郁子さんの編曲・演奏による和風アレンジの「白鳥の湖」。
原曲はロシアのピョートル・チャイコフスキー作曲によるバレエ音楽『白鳥の湖』。

フィギュアスケートの羽生結弦選手の2010/2011シーズンのSP(ショートプログラム)使用曲。
2011/2012シーズンはEX(エキシビション)に使用。
振付は阿部奈々美コーチ。