タグ「選手権」が付けられているもの

大会名:JOCジュニアオリンピックカップ大会 
 「第86回全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会」
開催期間:2017年11月24日(金) ~ 26日(日)
会場:ALSOKぐんまアイスアリーナ(群馬県前橋市)30×60m
競技種目:ジュニア選手権競技(男女シングル、ペア、アイスダンス)

通称「全日本ジュニア」。
東西日本フィギュアスケートジュニア選手権大会において選考された選手、及び日本スケート連盟フィギュア委員会にて出場を認められた選手(全日本ノービス上位選手)による全国大会。
優勝選手は世界ジュニア代表に内定。
上位の選手にはシニアの全日本選手権に参加する資格が与えられる。

主催:公益財団法人 日本スケート連盟
主管:群馬県スケート連盟
後援:公益財団法人日本オリンピック委員会
   群馬県教育委員会 公益財団法人群馬県体育協会

※入場無料
開場:競技開始1時間前
公式練習:非公開

第86回全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会
リザルトページ(出場選手・滑走順・競技結果)
(男子29名、女子30名、ペア2組、アイスダンス6組)
FSは24名進出

▽競技日程
11月24日(金) 開会式、抽選、ショートプログラム
11月25日(土) ショートプログラム、フリースケーティング
11月26日(日) フリースケーティング、閉会式

◆大会名「第23回全日本シンクロナイズドスケーティング選手権大会」
(全日本シンクロ選手権2016)
日程:2017年3月4日(土)~ 5日(日)
会場:滋賀県立アイスアリーナ(滋賀県大津市)
主催:日本スケート連盟
競技種目:シンクロナイズドスケーティング選手権競技及びジュニア選手権競技

集団で演技するフィギュアスケート競技「シンクロナイズドスケーティング」の全日本選手権。
世界大会のチームは14歳以上、16名の正選手と補欠4名のメンバー20名で構成され、男女比の制約はない。
以前は全日本フィギュアスケート選手権と同時開催だったが、2009/2010シーズンから独自開催。

2017年4月7日~8日にアメリカ・コロラドスプリングスで開催される「世界シンクロナイズドスケーティング選手権大会2017」の代表選考会を兼ねる。

ジュニア・ノービスチームが参加する競技会「2017ジャパン・シンクロナイズドスケーティング・オープン大会」を同時開催。

第23回 全日本シンクロナイズド・スケーティング選手権大会(リザルト)
競技結果
シニア1位:神宮Ice Messengers
ジュニア1位:関西シンクロ LOVERS ジュニア、2位:東大津高校ISC

大会名:JOCジュニアオリンピックカップ大会 
 「第85回全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会」
  兼 2017 世界ジュニアフィギュアスケート選手権大会第二次選考会
開催期間:2016年11月18日(金)~20日(日)
会場:札幌市月寒体育館(北海道札幌市)30×60m
競技種目:ジュニア選手権競技(男女シングル、アイスダンス)

第85回全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会
リザルトページ(出場選手・滑走順・競技結果)
(男子29名、女子30名、アイスダンス6組)
FSは24名進出

◆大会名「第22回全日本シンクロナイズドスケーティング選手権大会」
(全日本シンクロ選手権2016)
日程:2016年2月20日(土)~ 21日(日)
会場:ビッグハット(長野県長野市)
主催:日本スケート連盟
競技種目:シンクロナイズドスケーティング選手権競技及びジュニア選手権競技

集団で演技するフィギュアスケート競技「シンクロナイズドスケーティング」の全日本選手権。
世界大会のチームは14歳以上、16名の正選手と補欠4名のメンバー20名で構成され、男女比の制約はない。
以前は全日本フィギュアスケート選手権と同時開催だったが、2009/2010シーズンから独自開催。

2016年4月8日~9日にハンガリー・ブダペストで開催される「世界シンクロナイズドスケーティング選手権大会2016」の代表選考会を兼ねる。

ジュニア・ノービスチームが参加する競技会「2016ジャパン・シンクロナイズドスケーティング・オープン大会」を同時開催。

◆大会名「第21回全日本シンクロナイズドスケーティング選手権大会」
(全日本シンクロ選手権2015)
日程:2015年2月28日(土)~ 3月1日(日)
会場:滋賀県立アイスアリーナ(滋賀県大津市)
主催:日本スケート連盟
競技種目:シンクロナイズドスケーティング選手権競技及びジュニア選手権競技

集団で演技するフィギュアスケート競技「シンクロナイズドスケーティング」の全日本選手権。
世界大会のチームは14歳以上、16名の正選手と補欠4名のメンバー20名で構成され、男女比の制約はない。
以前は全日本フィギュアスケート選手権と同時開催だったが、2009/2010シーズンから独自開催。

2015年4月10日~11日にカナダ・ハミルトン(オンタリオ州)で開催される「世界シンクロナイズドスケーティング選手権大会2015」の代表選考会を兼ねる。

大会名:JOCジュニアオリンピックカップ大会 
 「第83回全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会」
開催期間:2014年11月22日(土)~24日(月・祝)
会場:新潟アサヒアレックスアイスアリーナ(新潟県新潟市)
競技種目:ジュニア選手権競技(男女シングル、アイスダンス)

観戦入場無料。
23日、24日は午前6時開場、競技終了10分後に閉場予定。
公式練習は公開します。

通称「全日本ジュニア」。
東西日本フィギュアスケートジュニア選手権大会において選考された選手、及び日本スケート連盟フィギュア委員会にて出場を認められた選手(全日本ノービス上位選手)による全国大会。
上位の選手にはシニアの全日本選手権に参加する資格が与えられる。

主催:公益財団法人日本スケート連盟
主管:新潟県スケート連盟
後援:公益財団法人日本オリンピック委員会
   新潟県教育委員会 新潟県体育協会 新潟市

第83回全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会
リザルトページ(出場選手・滑走順・競技結果)
(男子30名、女子32名、アイスダンス2組)
FSは24名進出

◆大会名「第20回全日本シンクロナイズドスケーティング選手権大会」
(全日本シンクロ選手権2014)
日程:2014年2月22日(土)~23日(日)
会場:ビックハット(長野県長野市若里)
主催:日本スケート連盟
競技種目:シンクロナイズドスケーティング選手権競技及びジュニア選手権競技

集団で演技するフィギュアスケート競技「シンクロナイズドスケーティング」の全日本選手権。
世界大会のチームは14歳以上、16名の正選手と補欠4名のメンバー20名で構成され、男女比の制約はない。
以前は全日本フィギュアスケート選手権と同時開催だったが、2009/2010シーズンから独自開催。

2014年4月4日~5日にイタリア・クールマイヨールで開催される「世界シンクロナイズドスケーティング選手権大会2014」の代表選考会を兼ねる。

大会名JOCジュニアオリンピックカップ大会 
 「第82回全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会」
開催期間:2013年11月22日(金)~24日(日)
会場:日本ガイシアリーナ アイスリンク(愛知県名古屋市南区)
主催:日本スケート連盟
主管:愛知県スケート連盟
競技種目:ジュニア選手権競技(男女シングル、アイスダンス)

東西日本フィギュアスケートジュニア選手権大会において選考された選手、及び日本スケート連盟フィギュア委員会にて出場を認められた選手による全国大会。
上位の選手にはシニアの全日本選手権に参加する資格が与えられる。

Japan Skating Federation Official Results & Data Site(新)
日本スケート連盟試合結果公式サイト
Figure Skating > National Competition (国内大会)参照

第82回全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会
リザルトページ(出場選手・滑走順・競技結果)


◆大会名「第19回全日本シンクロナイズドスケーティング選手権大会」
(全日本シンクロ選手権)
日程:2013年2月24日(日)
会場:ビックハット(長野県長野市若里)
主催:日本スケート連盟
競技種目:シンクロナイズドスケーティング選手権競技及びジュニア選手権競技

集団で演技するフィギュアスケート競技「シンクロナイズドスケーティング」の全日本選手権。
世界大会のチームは14歳以上、16名の正選手と補欠4名のメンバー20名で構成され、男女比の制約はない。
以前は全日本フィギュアスケート選手権と同時開催だったが、2009/2010シーズンから独自開催。

2013年4月2日~6日にアメリカ・ボストンで開催される「世界シンクロナイズドスケーティング選手権大会」の代表選考会を兼ねる。

大会名:第81回全日本フィギュアスケート選手権大会
    兼2013年世界フィギュアスケート選手権大会最終選考会
    兼2013年世界ジュニアフィギュアスケート選手権大会最終選考会
    兼2013年四大陸フィギュアスケート選手権大会最終選考会
会期:平成24年(2012年)12月21日(金) ~ 12月23日(日)
競技会場:真駒内セキスイハイム アイスアリーナ(北海道札幌市南区真駒内公園)
競技種目選手権競技 : 男子シングル、女子シングル、ペア、アイスダンス
主催:公益財団法人 日本スケート連盟
主管:公益財団法人 日本スケート連盟フィギュア委員会
共催:北海道
協力:一般財団法人 北海道スケート連盟

※2012-2013シーズンの全日本選手権。全日本選手権の結果で、世界選手権・四大陸選手権・世界ジュニア選手権の代表選手が決まります。

◆大会名「第18回全日本シンクロナイズドスケーティング選手権大会」
(全日本シンクロ選手権)
日程:2012年2月26日(日)
会場:京都アクアリーナ(京都府京都市)
主催:日本スケート連盟
競技種目:シンクロナイズドスケーティング選手権競技及びジュニア選手権競技

◆大会名「第80回全日本フィギュアスケート選手権大会」
 (フィギュアスケート全日本選手権)
 Japan Figure Skating Championships 2011
日程:2011年12月22日(木) ~ 12月26日(月)
会場:大阪府立門真スポーツセンター・なみはやドーム(大阪府門真市)
主催:日本スケート連盟
競技種目:男女シングルスケーティング、ペアスケーティング、アイスダンス

日本スケート連盟主催の国内選手権(ナショナル)。
日本のアマチュアフィギュアスケート選手にとって最も重要な試合。
全日本選手権の結果を受けて、世界選手権、四大陸選手権、世界ジュニア選手権ほかのシーズン後半の国際大会派遣選手が決まる。