タグ「CD」が付けられているもの

ピアノ教則本『ブルクミュラー 25の練習曲』の模範演奏を収録したCD。


■ピアノ教則本シリーズ『ブルグミュラー 25の練習曲』
BURGMULLER / 25 LEICHTE ETUDEN Op.100
神野 明:監修・ピアノ演奏
レーベル: フォンテック
ディスク:CD 1枚
定価:本体2,427円(税込2,621円)

ブルクミュラー25の練習曲(全音楽譜出版社刊)準拠
監修者によるワンポイント・アドバイス付

フィギュアスケートの鈴木明子選手の2011/2012シーズンのSP(ショートプログラム)使用曲。
「ハンガリアン・ラプソディ(ハンガリー狂詩曲)」
原曲はフランツ・リスト作曲。
エドウィン・マートン編曲。
(Hungarian Rhapsody by Franz Liszt arranged by Edvin Marton)
振付はアンジェリカ・クリロワさん。

グランプリシリーズ・フィギュアスケートNHK杯でみごとなノーミス演技をみせた名プログラムです。

フィギュアスケートの高橋大輔選手の2011/2012シーズンのSP(ショートプログラム)使用曲の音源CD。
Vasというバンドの3rdアルバム「In the Garden of Souls」の収録曲を複数つないで編集しているそうです。
振付はデビッド・ウィルソンさん。

フィギュアスケートの高橋大輔選手の2011/2012シーズンのEX(エキシビション)使用曲。
「The Crisis(ザ・クライシス)」
エンニオ・モリコーネ作曲。
映画『海の上のピアニスト』サウンドトラックよりピアノソロ曲。
振付は宮本賢二さん。

フィギュアスケートの小塚崇彦選手の2011/2012シーズンのFS(フリースケーティング)使用曲。
原曲は「Fantasia (for NAUSICAA) 」(ファンタジア・フォー・ナウシカ)。
宮崎駿監督のアニメ映画『風の谷のナウシカ』のオープニングで使われた「風の伝説」を作曲者の久石譲さん自身がピアノソロ用に編曲した曲。
小塚選手のプログラムでは途中ステップ部分に『風の谷のナウシカ』より「遠い日々(ナウシカ・レクイエム)」が挿入されています。
振付はマリーナ・ズエワさん。

フィギュアスケートの小塚崇彦選手の2011/2012シーズンのEX(エキシビション)使用曲。
Nick Drake(ニック・ドレイク)の「Cello song(チェロ・ソング)」。
男性ヴォーカルとギターとチェロの不思議な調和。
振付は佐藤有香さん。

フィギュアスケートの浅田真央選手の2011/2012シーズンのEX(エキシビション)使用曲「Jupiter(ジュピター)」。
イギリスの少年合唱団(ボーイズソプラノグループ)「Libera(リベラ)」の歌。
原題は「I vow to thee my country」。
日本盤アルバムで「誓い~ジュピター~/I vow to thee my country」という日本語タイトルがつけられています。
振付はローリー・ニコル女史。

YouTube - theiceCTV さんのチャンネル
ザ・アイス公式チャンネル
2011年「ザ・アイス」で初披露した浅田真央「Jupiter」の動画が公開されています。

フィギュアスケートの小塚崇彦選手の2011/2012シーズンのSP(ショートプログラム)使用曲「Inner Urge(インナー・アージ)」。
ジャズミュージシャン、テナーサックス奏者のJoe Henderson(ジョー・ヘンダーソン)の曲。
ただし音源に使っているのは4人編成のコンボによるオリジナルではなく、大人数のジャズアンサンブルによるBig Bnad バージョン。
振付はデビッド・ウィルソン氏。

「Inner」は内側の、隠れた。
「Urge」は強い衝動、駆り立てる力。

YouTube - theiceCTV さんのチャンネル
ザ・アイス公式チャンネル
2011年「ザ・アイス」で初披露した小塚崇彦「Inner Urge」の動画が公開されています。

フィギュアスケート男子シングルの小塚崇彦選手が2009/2010(バンクーバーオリンピックシーズン)のショートプログラム(SP)に使用した曲。

『ボールド・アズ・ラブ(Bold as Love)』
作曲・演奏:ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)
振付師:佐藤有香

ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix/1942-1970)はアメリカ出身のロックミュージシャン、ギタリスト。1970年に27歳の若さで亡くなる。日本では「ジミヘン」の略称でも呼ばれる。

「Bold as Love」はイギリスのロックバンド「ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス(The Jimi Hendrix Experience)」の2枚目のアルバム「Axis: Bold As Love」(1967)収録の曲。
ギター・ヴォーカル:ジミ・ヘンドリックス
ベース:ノエル・レディング
ドラム:ミッチ・ミッチェル

「Why Do People Fall In Love」 Linda Eder

フィギュアスケートの安藤美姫選手の2010/2011シーズンのEX(エキシビション)プログラムのひとつ。
2度目の金メダルを獲った「フィギュアスケート世界選手権2011(ロシア)」のエキシビションで白衣装で滑った女性ヴォーカル曲です。

Linda Eder(リンダ・エダー)はアメリカの歌手兼女優。ブロードウェイ・ミュージカルで活躍する。

「Why Do People Fall In Love(人はなぜ恋に落ちるのか)」は1999年のソロアルバム『It's No Secret Anymore』に収録。

AMELIE FROM MONTMARTRE 「アメリ」オリジナル・サウンドトラック
CD (2001/10/24)
ディスク枚数: 1
フォーマット: Soundtrack
レーベル: EMIミュージック・ジャパン
収録時間: 54 分

フランス映画『アメリ』(2001年)のサウンドトラック。
作曲はヤン・ティルセン(YANN TIERSEN)。

フィギュアスケートの高橋大輔選手の2010/2011シーズンのEX(エキシビション)使用曲「アメリのワルツ」の音源CD。これはEMIミュージック・ジャパンから出ている日本盤。
振付はステファン・ランビエール氏。

「アメリのワルツ(LA VALSE D'AMELIE)」は複数のアレンジがあり、高橋選手がエキシビションに使っているのは19曲目のピアノバージョンの「LA VALSE D'AMELIE(VERSION PIANO)」(ピアノによるアメリのワルツ)。

シュニトケ:映画音楽集(タンゴ収録)
演奏(オーケストラ): ベルリン放送交響楽団, ベルリン放送合唱団
指揮: シュトローベル
作曲: アルフレット・シュニトケ
CD (2002/2/12)
SPARSコード: DDD
ディスク枚数: 1
レーベル: Cpo Records

12曲目の『「苦悶(AGONY)」タンゴ』が、浅田真央選手の2010/2011シーズンのSP(ショートプログラム)に使っている曲「シュニトケのタンゴ」だそうです(振付:タチアナ・タラソワ)。

ヨーヨー・マ プレイズ・モリコーネ
(Yo-Yo Ma Plays Ennio Morricone)
CD (2008/11/19)
ディスク枚数: 1
レーベル: SMJ(SME)(M)
収録時間: 62 分
演奏:ピアノ/ヨーヨー・マ(Yo-Yo Ma)
   指揮/エンニオ・モリコーネ(Ennio Morricone)
   オーケストラ/ローマ・シンフォニエッタ

映画音楽の巨匠、エンニオ・モリコーネが作った名曲を世界的チェロリスト、ヨーヨー・マが演奏。
人々の心に残る思い出のシーンを彩った数々の名旋律が、モリコーネ指揮のもとヨーヨー・マのチェロにより紡がれてゆきます

日本盤ボーナストラックが2曲収録されています。

ジュゼッペ・トルナトーレはイタリアの映画監督。『ニュー・シネマ・パラダイス』『海の上のピアニスト』などでモリコーネが音楽を担当。
セルジオ・レオーネはイタリアの映画監督。マカロニウエスタン、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』などでモリコーネが音楽を担当。
ブライアン・デ・パルマはアメリカの映画監督。『アンタッチャブル』『カジュアリティーズ』などでモリコーネが音楽を担当。

Big Bad Voodoo Daddy
アーティスト:ビッグ・バッド・ブードゥー・ダディ
       (ビッグ・バッド・ヴードゥー・ダディ)
CD (1998/2/24)
ディスク枚数: 1
フォーマット: Import, from US (アメリカ輸入盤)
レーベル: Capitol

「Big Bad Voodoo Daddy(ビッグ・バッド・ブードゥー・ダディ)」はアメリカのスウィング・ジャズ・バンド。
1989年、スコット・モリス(ヴォーカル/ギター)を中心にトリオ・バンド(3人組)として結成されるが、後にベース、パーカッション、サックス、トランペット、トロンボーン、ピアノなどが加わり、ビッグバンドとなる。
アメリカ西海岸を中心に行ったライブ活動やインディーズレーベルで出したCDが評判になり、1998年にアルバム『Big Bad Voodoo Daddy』でメジャーデビュー。
(MCAビクターより日本版CD『ビッグ・バッド・ヴードゥー・ダディ』が発売)
このアルバムの11曲目「Jumpin' Jack(ジャンピン・ジャック)」が、フィギュアスケートの村上佳菜子選手の2010/2011シーズンのSP(ショートプログラム)に使われている曲です(振付:樋口美穂子)。

スワン ザ・ベスト・オブ・フィギュア・スケート・ミュージック 07/08
オムニバスアルバム
CD (2007/12/26)
ディスク枚数: 1
レーベル: EMIミュージック・ジャパン
収録時間: 78 分

2007/2008シーズンに、日本と海外のフィギュアスケート選手のプログラムに使われた曲を集めたオムニバスアルバム。
実際の演技に使われた音源とは編曲・アーティスト・演奏が異なる場合があります。

ジャケットイメージ写真は中野友加里さん。
タイトルは、中野さんがエキシビションで使用した曲「アリア(風)」の原曲であるサン=サーンス『動物の謝肉祭』"白鳥"から「スワン」とネーミング。

Nocturno [Import CD from UK]
アーティスト:Tango Siempre
CD ((2003/10/20)
ディスク枚数: 1
フォーマット: Import, from UK (イギリス輸入盤)
レーベル: ARC MUSIC
[Tracks: 15]

イギリスのタンゴ・アンサンブル「Tango Siempre(タンゴ・シエンプレ)」のアルバム『Nocturno(ノクトゥルノ)』。
フィギュアスケートの高橋大輔選手、2010/2011年のFS(フリースケーティング)プログラム「Invierno Porteno by Astor Piazzolla /ブエノスアイレスの冬:アストル・ピアソラ」の音源です。
5曲目「Invierno Porteno(ブエノスアイレスの冬)」と、部分的に6曲目「Primavera Portena(ブエノスアイレスの春)」が使われています。
作曲者はアストル・ピアソラ。アルゼンチンタンゴの名曲です。