ロンドン五輪メダリストがゲスト出演「オリンピックコンサート2012」10月4日(東京国際フォーラム)

| トラックバック(0)

毎年開催されるオリンピックをテーマにしたクラシック音楽コンサート。
今年は、"ロンドンオリンピック"をフィーチャー。
日本代表のロンドンオリンピックメダリストたちがゲスト予定。

躍動する姿、美しい涙、夢をかなえた輝かしい笑顔。4年に1度の特別な夏、ロンドンで繰り広げられたアスリートたちの勇気と希望のドラマを、そして、彼らに心からの声援をおくり、支えた人々との絆を、ステージに設置される大型スクリーンに映し出されるオリンピック映像と、フル・オーケストラによる迫力の演奏で表現します。

■オリンピックコンサート2012
日時:2012年10月4日(木) 開場/18:00 開演/19:00
会場:東京国際フォーラム ホールA(東京・有楽町)

指揮:藤岡幸夫
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
出演:Le Velvets(ル ヴェルヴェッツ)、高橋洋子
   ロンドンオリンピックメダリスト

主催:公益財団法人 日本オリンピック委員会
後援:文部科学省、 東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会
協力:ぴあ、サンライズプロモーション東京
企画制作:ADK、Harmony JAPAN

オリンピックコンサート2012
(公式サイト)

オリンピックコンサートFacebook
(公式フェイスブック)

《プログラム》
●リヒャルト・シュトラウス:「ツァラトゥストラはかく語りき」より導入部
●ウィリアム・ウォルトン:「クラウン・インペリアル・マーチ」
●佐藤直紀:映画『ALWAYS 三丁目の夕日'64』より
●久石譲 :NHKスペシャルドラマ『坂の上の雲』より「スタンド・アローン」
●ウィリアム・ウォルトン:「スピットファイア」プレリュード
●ワーグナー:歌劇『タンホイザー』序曲
●サマラ:「オリンピック賛歌」
~Le Velvets スペシャル・アレンジ~
●フランチェスコ・サルトーリ:「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」
●エルガー:威風堂々より第1番「勝利への道」
●ベートーヴェン:交響曲第九番より第四楽章「第九~歓喜の歌~」
※プログラム、出演者は変更になる場合があります。

☆アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の主題歌を歌う高橋洋子の出演が決定!
空前のヒット曲「残酷な天使のテーゼ」ほかをライブで披露

★チケット発売中

チケットぴあ

クラシックのチケットは!

オリンピックコンサート2012|チケットぴあicon

《コンサート参加メダリスト》33名
(  )内は所属

■水泳/競泳
松田 丈志(コスモス薬品)
入江 陵介(イトマン東進)
立石 諒(慶應義塾大学/NECGSC玉川)
藤井 拓郎(KONAMI)
上田 春佳(キッコーマン)
寺川 綾(ミズノ)
鈴木 聡美(山梨学院大学)
加藤 ゆか(東京SS)
星 奈津美(早稲田大学/スウイン大教)

■体操/体操競技
内村 航平(㈱コナミスポーツ&ライフ)
田中 和仁(医療法人徳洲会)
田中 佑典(㈱コナミスポーツ&ライフ)
加藤 凌平(順天堂大学)

■ウエイトリフティング
三宅 宏実(いちごグループホールディングス㈱)

■卓球
平野 早矢香(㈱ミキハウス)

■柔道
中矢 力(ALSOK)
海老沼 匡(パーク24㈱)
平岡 拓晃(学校法人了徳寺学園)
杉本 美香(コマツ)
上野 順恵(三井住友海上火災保険㈱)
松本 薫(㈱フォーリーフジャパン)
西山 将士(新日本製鐵㈱)

■レスリング
湯元 進一(自衛隊体育学校)
松本隆太郎(群馬ヤクルト販売㈱)
吉田沙保里(ALSOK)
伊調 馨(ALSOK)
米満達弘(自衛隊体育学校)
小原日登美(自衛隊体育学校)

■フェンシング
千田 健太(NEXUS㈱)
三宅 諒(慶應義塾大学)
淡路 卓 (NEXUS㈱)

■ボクシング
清水 聡(自衛隊体育学校)
村田 諒太(東洋大学)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dearbooks.cafe.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1125

カレンダー

<   2012年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

visitor

TOTAL
TODAY YESTERDAY
since 2012/06/01

ウェブページ

チケットぴあ

チケットぴあ
Powered by Movable Type 5.14-ja

広告

このブログ記事について

このページは、詞己が2012年9月18日 00:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「国際水泳連盟(国際水連/FINA)公式サイトの競泳の世界記録(SWIMMING RECORDS) 」です。

次のブログ記事は「ロンドンオリンピックで活躍したアスリートが出場するスポーツの試合(日本開催)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。