■冬のリヴィエラ■
作詞:松本隆/作曲:大滝詠一/歌:森進一(1982年)

彼女(あいつ)によろしく伝えてくれよ
今ならホテルで寝ているはずさ
泣いたら窓辺のラジオつけて
陽気な唄でも聞かせてやれよ
アメリカの貨物船が桟橋で待ってるよ
  冬のリヴィエラ 男って奴は
  港を出てゆく船のようだね
  哀しければ 哀しいほど
  黙りこむもんだね

彼女(あいつ)は俺には過ぎた女さ
別れの気配をちゃんと読んでて
上手にかくした旅行鞄に
外した指輪と酒の小壜さ
やさしさが霧のように
シュロの樹を濡らしてる
  冬のリヴィエラ 人生って奴は
  思い通りにならないものさ
  愛しければ 愛しいほど
  背中合わせになる

皮のコートボタンひとつ
とれかけてサマにならない
  冬のリヴィエラ 男って奴は
  港を出てゆく船のようだね
  哀しければ 哀しいほど
  黙りこむもんだね


■夏のリビエラ■
SUMMER NIGHT IN RIVIERA
English Lyrics by MARTHA LAVENDER
(大滝詠一のアルバム『SNOW TIME(スノウ・タイム)』に収録)

If you see her Won't you tell her
I'll be gonne by morning light
The game is over Maybe for better
But how can I take you off my mind
Tell her I care Tell her I'm here
I'll be leaving with the next tide
But until then I want you here
To fill my empty arms

Outbound freighter going to America
Waiting down at the dock of the bay
Summer night in riviera
Quiet seas and the silverly shores
Cool breeze for a curtained lace
Two empty glasses and the bottle of wine
No using crying No using sighing
So close your eyes and just dream on
On a summer night just like this one
We're so happy in each other's arms
The only sound that I could hear
Was the sea and the beat of your heart

Tell her I care I really care
I'll be leaveing to sea
But until then I want you here
To fill my empty arms


《対訳》
もし彼女に会ったら、伝えてくれないか
俺は朝日とともに行くつもりだ
遊びは終わった、そのほうがいいんだ
でもどうしたら君を忘れられるだろう
彼女に伝えてくれ、俺は心配している、ここにいる
俺は次の潮時に行ってしまう
だけど君にはここにいて欲しい
俺の空いた両腕が埋まるまで

アメリカ行きの貨物船が入り江の桟橋で待っている
リヴィエラの夏の夜
静かな海と銀色の海岸
レースのカーテンに吹く冷たい微風
二つの空のグラスとワインのボトル
泣かなくていい、ため息つかなくていい
目を閉じて夢見てごらん
こんな夏の夜に
俺たちは互いの腕の中で幸せだった
俺には海の音と君の胸の鼓動しか聞こえなかった

彼女に伝えてくれ、俺は本当に心配している
俺は海に出て行く
だけど君にはここにいて欲しい
俺の空いた両腕を満たすために


◆元記事→
『SNOW TIME(スノウ・タイム)』大滝詠一|選集音盤〜コンピ・ベストアルバム情報 http://ameblo.jp/senban/entry-10007628263.html

夏貸文庫
選集音盤